新井淳夫「フランスの最も美しい村々  第5章」

araiatsuo2015.jpg


Atsuo Arai

Les plus beaux villages de France - chapter cinquième -


新井淳夫「フランスの最も美しい村々  第5章」

2015/09/29(火)〜10/04(日)
11:00〜19:00(最終日〜18:00)
 ※レセプション 09/29(火)18:00〜20:00

美しい村シリーズも、今年のタンバリンで5年目、第5回目を迎えました。早いもんだ。


 6月まだ涼しかったフランスに着き、村へ向かいましたが、日に日に上がる気温。とうとう最後には39℃と日本より暑くなってしまいまいました。

 今回の訪問地はフランスの中央高地オーヴェルニュ(Auvergne)地方の7つの村。今回の村は小さな村が多く、風光明媚な山の中やアルベ川の畔の村。高台の見張りの塔を中心とした村。黒い石を壁に使った豪農の村。修道院の村。マスタードの産地の村等々。ローカルバス、電車を使い、なるべく涼しいうちに村での制作。交通手段も少なく、8キロ9キロの徒歩の行程はざらになってしまいました。膝、腰痛と闘い、下痢や口内炎と闘い。暑さによる熱中症や歩き過ぎの疲労とも闘い日々描き続けました。救いは村の人々との出会い、猫や犬、リスや野うさぎとの遭遇。湿気の少ないフランスは木陰が異常に涼しい。また午後のシエスタ(午後の休息)をたっぷり取りました。ただ夜10時まで明るい毎日をどう過ごすかがこれまた難問。

 やっぱりいいなフランスの村巡り。


サンサテュルナン村への道.jpg ブレル村の庭.jpg

サンサテュルナン村への道                            ブレル村の庭


arai_profil.jpg

新井淳夫





Past Exhibition