Tambourin Gallery Presents「Human Museum 2019」

HM2019_logo_.jpg

                        logo design: Naoyuki Minamide(NANDE)


Tambourin Gallery Presents
「Human Museum 2019」

2019年5月21日(火)~6月2日(日)
※5月27日(月)休廊


タンバリンギャラリー恒例の大型企画展示
『Human Museum(ヒューマンミュージアム)』
毎年、夏の最もアツイ時期に開催しておりましたが、
本年は、気候や体調や新しい気持ちのことを考えて、
新緑の季節に開催いたします。

2010年からスタートしたタンバリンギャラリーを
日々オープンしていくなかで、
月日が過ぎるほどに、様々な人が交わり、関わり、出会い、
まさに交差点のような場所となりつつあります。

オープン当初はまったく想像もしていなかったことですが、
1年後の2020年に開催される東京オリンピックの会場から、
最も近いギャラリーとなり、
日々変化して行く周辺の様子に目がまわりそうになりながら、
人間本来の持つ美しさ、逞しさ、強さ、弱さ、儚さ、
そういったものの表現を目の当たりにすることが
身近に起こる状況であることに喜びを覚えます。

そんな中で開催する「Human Museum」は
参加する人も見に来られる方々も、
この場所で生まれる時間と空間を共有することで作られていきます。

場所、時間、音楽、道具、そして何よりも大切なHUMAN(人)、
さまざまな大切な事柄と寄り添っているからです。
149名の作家の共演、是非ご観覧ください。





<マイスター> (*招待作家/50音順・敬称略)

アモーレ★ヒロスケ
小渕もも
サイトウユウスケ
佐々木悟郎
竹井千佳
デハラユキノリ




<仲間たち>

IAM MAIMAI Aikoberry 青山タルト あきやまりか アキューン あずきみみこ 
あつみかな 家鴨窯 淡すいか あわてんぼ あんも 飯島まり子 石井和子 
いしかわれいな 石川あい 小原じゅん 石田奈緒美 石橋淳一 和泉章子 
市川晋二 イチコウチ イトウユキ イナガキマコ 稲田聡子 稲葉朋子 
井之口真央 うてのての 遠藤舞 おおぐりさちこ 大野まみ おおばさくら 
緒方孝拡 おがたりこ 岡本真実 長雪恵 押見梨香 おのゆりか オブチジン 
kanacodoggy 金子さをり 加納シゲヒロ 鹿子木美 かわむらともみ 河村真希 
元女博司 きじまももこ 北沢あつこ kirinpicnic 久保田球愛 koji kotapa 
児玉美音子 小塚類子 小寺しお Kohina COYOTE Slick Lick 近藤まや 
酒井賢司 酒本光利 佐久間亮 櫻井万里明 桜くろえ Sato Sau 佐藤野々子 
366works シシドガッチャ シバタリョウ ジャイアント麗子 ジャン・クニオカ 
シライケン スガミカ すぎもりえり 鈴木綾乃 鈴木理子 瀬崎百絵 世戸ヒロアキ 
高田昌耶 高橋然 高本洋志 他他 ChiyomiNoMago 常藤ひとみ 富田晴 
中尾さや ナカオテッペイ ナカタアツコ 中村一般 中村ころもち NANDE 
西田あつみ 猫屋 花村信子 早川 茂喜(フランクザッカ) 林ホノカ 林ゆかり 
林真理奈 HAL Horii handmade kind 久尾さとな 日野原美乃里 平野晶 
平林義男 HIROPOP 福井彩乃 福田玲子 藤本巧 藤本将綱 藤原エマ 
Fumiko Watanabe 古谷利幸 bonyuki MAI 松本康孝 まてぃえしゃん 
マナベレオ mayako shinohara まゆみん ミカミシンタロウ 三柴幸枝 
水埜紀茸 Michiko Aizawa みつほしえり ミナミタエコ むらかみかおり 
村上トモミ meeg 森きなこ YAJ ヤマグチヨーコ 山口佳子 山田美優 遊 
yukinco. YUKKOMAN 横山千裕 吉村奈穂子 ライオンサイダー ライペンられ子 
RINA MARUMARU リリー・シュガー ロバとコトリ 渡邊真介 渡邉亮太
(50音順・敬称略)





【会期中のイベント】


マイスターデイ

以下の日程でマイスターが在廊し、参加者や来場者のみなさんと作品についてお話するなど、
交流の時間を設けます。
ポートフォリオを見て頂きたい方はご持参ください。
また、この日に、各マイスター賞も決定いたしますので、ご注目ください。

■5/24(金)17:00~19:00 アモーレ★ヒロスケさんマイスターデイ  
■5/26(日)15:00~18:00 サイトウユウスケさんマイスターデイ 
■5/28(火)15:00~18:00 竹井千佳さんマイスターデイ 
■5/29(水)15:00~18:00 デハラユキノリさんマイスターデイ 

■5/30(木)14:00~19:00 小渕ももさんマイスターデイ
■6/02(日)14:00~16:00 佐々木悟郎さんマイスターデイ





オープニングパーティ

5月21日(火)18:00〜20:00

Human Museum 2019の幕開けです。
18:00より、簡単なドリンクをご用意してお待ちしております。



クロージングパーティ

6月2日(日)16:00~19:00  

各マイスター賞とBest Human Award(大賞)の発表もあります。
Human Museum 2019の締めくくりとなります。







【Human Museum 2018 マイスター】


p_amorehirosuke.jpg


アモーレ★ヒロスケ/Hirosuke Amore 

1920年代後半にハーレムで盛んだった
スイングカルチャーにのめり込み、
デジタルと手描きにて、
そういったテイストの作品を制作。
趣味と実益が一致した仕事としては
NHK主催の『東京ジャズフェスティバル2017』の
メインヴィジュアル制作&
メインステージにてのダンスパフォーマンス、
ニューヨークはリンカーンセンター主催の
Midsummer Night Swing 2017のメインヴィジュアル、
ほかスイング系のバンドのデザインなど多数手がけている。
現在発売中のDr.Pepperのパッケージ4種類も
アモーレのイラストが使われている。


p_obuchimomo.jpg

小渕もも/Momo Obuchi

桑沢デザイン研究所 研究科卒業。
木村勝のパッケージデレクションを経て
1980年フリーランスイラストテレーターとして独立。
広告・雑誌イラスト・挿絵・舞台美術・衣裳
テキスタイルデザインの仕事の傍ら
個展でオリジナル作品の発表を続ける。
2001年より ロンドン サンフランシスコ ニューヨーク。
ドイツ等 居場所を移しながら創作活動を続ける。
2004年から2008年迄タイのチェンマイに住み
エイズの孤児施設バーンロムサイで子ども達と絵を描きながら
創作活動を続け。
1年に1度東京青山で個展を開催。
2008年夏から 神奈川県の三浦半島在住。


p_saitoyusuke.jpg

サイトウユウスケ/Yusuke Saitoh

1978年生まれ。
2003年バンタンデザイン研究所イラストレーション専攻卒業後、
イラストレーターとしての活動を開始。
2012年にはTambourin Booksより作品集「NEW COLOR」を刊行。
これまでにミュージックマガジン表紙(2008年4月号〜2014年3月号)、
CXドラマ「続・最後から2番面の恋」ポスターなどにイラストを提供。
また近年ではYOHJI YAMAMOTO POUR HOMMEや
Y-3とコラボ レーションするなど、
メデイア・国内外を問わず活動中。


p_sasakigoro.jpg

佐々木悟郎/Goro Sasaki

1978 年 愛知県立芸術大学デザイン科卒業

1981 年 Atr Center College of Design 卒業(with Honour) 
1983 年 NAAC 展 ADC 部門特選
1999 年 講談社出版文化賞さし絵賞 
著書
「L.A.」文春文庫、「いつもジャズが聞こえていた」東京書籍、
「ライカ百景」えい文庫、「水彩スケッチ」美術出版社、
「ソングズ・トゥ・リメンバー」ヤマハミュージックメディア、

「My Little Brown Book」ハモニカブックス、
「20 Cherished Objects」Blue Sky Books 
文星芸術大学教授 


p_takeichika.jpg

竹井千佳/China Takei

栃木県宇都宮出身。
イラストレーション青山塾イラストレーション科修了。
会社員を経てフリーのイラストレーターに転身。
書籍や雑誌、ポスター、オンライン広告、
テレビ番組スタジオデザインなど
様々な媒体で作品を提供する傍ら、国内外で個展を開催。

女性のモチーフを用いて表現するのを主とし、色彩はポップでカラフルだが、
様々な感情を描くのを得意とする。
近年、作品はメディアでも取り上げられ注目を集めている。
最近では、TBS「夢なら醒めないで」のスタジオデザインや、
2018年9月に引退された安室奈美恵さんの展覧会、
「Final Space」で販売された公式グッズの
イラストレーションを担当するなど幅広く活動中。


deharayukinori.jpg

デハラユキノリ/Yukinori Dehara

1974年高知県カツオ生まれ、ビール育ち。
年間制作フィギュア約400体、飲酒ビール400リットル。
東京を拠点にフィギュアイラストレーターとして活動。
ナイキ、NEC、タワーレコード、アシックスヨーロッパなどの広告を手がける一方、
作家として年間5~6回のペースで個展を行い
東京をはじめ台湾・香港・韓国・上海・パリ・NY・LAなどで新作を発表している。
「きのこの山」キャラクターきの山さん、いきものががりベスト盤ジャケット、
ケツメイシのHPキャラクターなど。
2018年20年分の作品を集めた作品集『DEHARA』リリース


石橋 淳一「Paris 2013」

dm_ishibashi_Paris2013.jpg

石橋 淳一「Paris 2013」

2019年6月4日(火)〜6月9日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)


2013年の11月、
3泊の予定だったパリでのアクシデントと、
その結果の思いがけない3週間近いパリ滞留。

その日々の気分の記憶を、
戻ったあと折に触れて思い出しては描きちらし作りちらし、
溜まってしまった。

溜まったものをたなおろしします。
昨年の『団十郎とあはぎのゐる家。』展に続き、
広告会社退職後の
おのれ正直作品展の第2弾。



p_ishibashi2019.jpg

石橋 淳一 /Junichi Ishibashi

チビのときからいつもなんか作ったり描いたりしていました。
それが今でも。
人や乗り物、建物や景色、地図や宇宙だったり。
つまり世界を自分なりに再構築するようなことで。
そりゃああまり人に見せられるものではなくて。
仕事の広告デザインとは遠いものでしたが、
だから続けていられたし、
いちばん簡単で意外に伝わる方法にもなったみたいなんです。


Exhibition