Human Museum 2018 Meister's choise group exhibition

dm_HM_Meister_DM.jpg
Art Direction & Design:Tatsuro Hirano (-trope-)
http://www.trope-inc.jp/


Human Museum 2018 Meister's choise group exhibition

2019年1月15日(火)〜1月20日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

*レセプションパーティー 1月15日(火) 18:00~20:00


池田彩香 / おがたりこ / こうのかなえ

スガミカ / 時吉あきな/ 遊




2018年夏に開催した「Human Museum 2018」にて、
マイスター賞を受賞した作家によるグループ展を開催いたします。
バラエティ豊かな6名の作家による意欲的な展覧会となります。
ぜひご高覧ください。



p_ikedaayaka.jpg

池田彩香 / Ayaka Ikeda

東京都出身
黒の油性色鉛筆のみを使用した、
繊細な濃淡と丁寧な描き込みを特徴に制作。

第180回ザ・チョイス入選(日下潤一選)
ペーターズギャラリーコンペ2013 鈴木成一賞次点
Gallery House MAYA 装画を描くコンペティションVol.14 MAYA賞
Tambourin gallery presents Human Museum 2018 飯田淳マイスター賞、大賞


サイズが同じでも、奥行きが深く、背景の隅々まで空気が流れていて
大きく感じる絵に惹かれました。この企画展では池田さんの作品に
強くそれを感じました。描写力、ストーリー性、ユーモア、構成力、
色彩力、総てがそこに、あったからでしょう。
ずーっと観ていたくなります。
(飯田淳  >>  池田彩香)



p_ogatariko3.jpg

おがたりこ / Riko Ogata

1994年、東京に生まれる。ダウン症。
5歳ころ親子絵画教室で絵を描きはじめ、
10歳ころ母が通うアートクラスのグループ展に初出展。
以後、さまざまな公募展グループ展に参加し、
2011年、2012年、2013年、2014年、2016年と個展を開く。
現在は、都内の福祉作業所で就労のかたわら、
制作活動を続けている。

賞:タンバリンギャラリー 「ロバミュージアム 2012」しりあがり寿マイスター賞
  同ギャラリー「ロバミュージアム 2013」KIKI マイスター賞
  同ギャラリー「ヒューマンミュージアム2018」ヒロ杉山マイスター賞


おがたりこさんの作品を初めて見た時に、一番最初に感じた事は
自由だなということと、優しさ。この人は絵を描くのが好きなんだろうな~
楽しそう。大胆なストロ-クがクルクルと本当に楽しそう!
鮮やかな色彩の組み合わせは、ポジティブしか感じられない。
見ていて幸せになれる絵ですね。出会えて良かった。
(ヒロ杉山 >> おがたりこ)



p_kounokanae.jpg

こうのかなえ/ Kanae Kouno

香川県出身 神奈川県 葉山在住
植物の絵を中心に作品を発表しています。
最近は小さな鉢にフクロウの柄を描くことにはまってます。

パレットクラブ13期生
鈴木成一装画塾 2期生

2017年 第5回東京装画賞 入選
2016年 ホルベイン×ザ・チョイス 「クロッキーメモの表紙を描く2016」入選
2010年 第173回 ザ・チョイス 網中いづるさんの審査 入選
2009年 第161回 ザ・チョイス 松浦弥太郎さんの審査 最終選考

落合恵子さん著書「泣きかたをわすれていた」装画
湯本香樹実さん著書「夜の木の下で」装画
など

http://chirumichiru.jp/


いい線がたくさん目についた、いい絵だったので選びました。
これからも、いい絵で道をトコトコ突き進んでくださいませ!
(花くまゆうさ  >> こうのかな)



p_sugamika.jpg

スガミカ / Mica Suga

大分市生まれ。セツモード・セミナー卒業。
HBギャラリーコンペティションVol.25永井裕明賞。
個展3回、グループ展など多数、展示を中心に活動中。
版画やコラージュなど、無類の紙好き。


スガミカさんのことは、大分前から知っていたけど
(なにしろTISの事務局に居た人だ)、
その作品を数多く見てきたわけではない。
時折りのグループ展などで見かけても、
その方向性が今一つ判然としなかった。
ところが、先のHuman Museum 2018展の出品作は、
これまでとは一味違って、作者の意図が明解で、
また完成度もきわめて高かった。
で、一票を投じたのである。
だから、古くからの知り合いということは無関係なのね!
(矢吹申彦  >>  スガミカ)



p_tokiyoshiakina.jpg

時吉あきな/Akina Tokiyoshi

1994年大阪生まれ
2016年京都造形芸術大学 芸術学部 情報デザイン学科 卒業


時吉あきなさんの作品は、以前からいろんなところで見て、
注目していました、
相変わらず勢いのある作品でよかったです。
(永井博 >> 時吉あきな)



p_yuu.jpg

遊 / You

"眼で視る詩"でありたいです。


遊さんの絵には、どこか映画のようなストーリーと音を感じました。
一枚の絵にとどまらず、他の絵も見てみたいと
思わせる魅力があり選ばせていただきました。
(塩川いづみ >> 遊)



Human Museum 2018 大賞展「Folie Douce」

dm_ikedaayaka.jpg

Human Museum 2018 大賞展
「Folie Douce」

2019年1月22日(火)〜1月27日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

*opening tea party 1月22日(火)18:00~19:30


けだるい輝きの中に秘めた、気高い純粋さと甘い狂気。



p_ikedaayaka.jpg

池田 彩香 / Ayaka Ikeda

東京都出身
黒の油性色鉛筆のみを使用した、
繊細な濃淡と丁寧な描き込みを特徴に制作。

第180回ザ・チョイス入選(日下潤一選)
ペーターズギャラリーコンペ2013 鈴木成一賞次点
Gallery House MAYA 装画を描くコンペティションVol.14 MAYA賞
Tambourin gallery presents Human Museum 2018 飯田淳マイスター賞、大賞


Kanta Endo Exhibition - wearing -

dm_kantaendo_DM2.jpg

Kanta Endo Exhibition - wearing -

2019年1月29日(火)〜2月3日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)


服を人が着る。

当たり前のようで当たり前ではない事。



ぼくはそんな事を大切にしたいと思っている。





5人の女の子に向けて服を造り、

着てもらうという企画を行った。

「服は人が着てこそのもの」という考えをストレートにぶつけたものである。



服を商品としてではなく純粋に作品としてみてもらいたい。

大量生産大量消費していく世の中の動きとは違って、

1つの服を長く着込んでいって欲しい。



そんな思いを込めて。


「服」と「人」が造る、ストーリー。


ぜひ、ご高覧ください。


杉野服飾大学大学院 造形研究科 造形専攻
2018年度修了制作展示会




p_kentaendo.jpg

遠藤 幹太 / Kanta Endo

1994年10月20日 埼玉出身。

杉野服飾大学大学院 造形研究科 造形専攻 在学

2017.3 杉野服飾大学(モードクリエーションコース)卒業

2017.4 杉野服飾大学大学院造形研究科 入学

2017.10 合同展 Kanta Endo ICHYSGALLERY  (外苑)

2018.3 合同展 Kanta Endo ART IN GALLERY  (表参道)

2018.10 合同展 Kanta Endo sibafu  (目黒)

2019.3 杉野服飾大学大学院造形研究科 修了見込



Exhibition