ソニー・スズキ 絵画展「NO BALANCE」

sonysuzuki_NoBalance.jpg
ソニー・スズキ 絵画展「NO BALANCE(ノーバランス)」
2016/09/27(火)〜10/02(日)
11:00〜19:00(最終日は18:00まで)

*レセプション 10月1日(土) 16:00〜19:00






p_sonysuzuki.jpg

ソニー・スズキ

瞼の裏に映る情景や人物像を描く画家です

1969 東京生まれ
1999 The Art Students League of New York卒業
現在 都内メーカー勤務
 
個展:
2007 Diginner Gallery Workshop(東京)
2011 Art Center Ongoing(東京)


Atsuo Arai「Les plus beaux villages de France - Chapitre sixième - 」

araiatsuo2016_ragurasu.jpg


Atsuo Arai
「Les plus beaux villages de France - Chapitre sixième - 」
2016/10/04(火)〜10/09(日)
11:00〜19:00(最終日は18:00まで)


新井淳夫 フランスの美しい村々 第6章。


今回の旅は、私の美しい村シリーズの中で、第1の激ハードだった。
ただし2週間の旅の中で、回った美しい村は、全部で7村。
宿泊地に設定した場所がそれぞれ素晴らしかった。


photo_arai2016.jpg


トランジットで直接南フランスの都市モンプリエまで。
次の日には城塞都市カルカソンヌ(世界遺産)に宿泊。
そこから最初の村ラグラスへは、レンタサイクルで。
なんと80km以上の山路を。
往復10時間漕ぎ続け、両足吊るというハードワーク。
観光客のあまり来ないオラルグ。
3番目のサン・ギエム・ル・デゼール村も巡礼の教会群として世界遺産に登録されている。

次ぎの宿泊地は世界一高い陸橋のあるのミョーの街。
そこからは絶壁に造られたペールの村。
そしてテンプル騎士団が造った村ラ•クーヴェルトワラード。

最後の宿泊地も巡礼の世界遺産ル・ピュイ・アン・ヴレ。
街の中に奇岩がいくつも立ち、その頂上には教会屋モニュモンが立ってる異様とも言える光景。
川の蛇行部分の花崗岩の岩山に建つ城。
ガリア語で東の神殿の意味を持つ村アルランド。
最後に雄大な渓谷にあるブラデルを回り、パリへ。

6月末というのに、南フランスは30度を超え、
連日10キロ以上歩き回る私にとっては過酷な日々。
毎夜湿布を貼りながら、なんとか健康状態を保った。
ハードでドラマチックな旅の行軍を、絵と文章から味わって頂きたい。



p_araiatsuo2016.jpg

新井 淳夫 / Atsuo Arai

フランスの美しい村に魅せられた画家




イケダユーコ「flow」

ikeda_flow.jpg


イケダユーコ「flow」
2016/10/11(火)〜10/16(日)
11:00〜19:00(最終日は18:00まで)
※15日(土)はイベントの為17:00まで


flow:
豊かにあふれるように(なめらかに)流れる  
巡る、満ちる、なびく、わき出る、血流、音とか風とか



「絵と音と、流れる夜に」

10/15(sat)  open 17:30  start 18:00〜
参加費:1500円/1drink付き

イシカワアユミさんの音と共に、ライブドローイングをします。
当日は、12時よりswan  coffee さんに珈琲を淹れて頂いています。
展示会に合わせたAO/中西ゆう子さんのお菓子の販売もあります。
こちらも、ぜひ。
イベントはどなた様でもお気軽にお越し下さい。

http://2beans.client.jp
http://swan-coffee.net
http://aonoie.com



p_ikedayuko.jpg

イケダユーコ / Ikeda yuko
1980年広島生まれ。大阪在住。
2004年から、関西を中心に、個展を通して作家活動をはじめ、
雑誌や書籍のイラストレーションの仕事も行っています。
紙や布につけペンや水彩、糸で刺繍した作品、
銅版画の作品を制作しています。
風のような、空気をのこした作品を届けたいと思い、描いています。

http://ikedayu-ko.com


「バトルフィールド」

dm_BATTLE_FIN-1.jpg


「バトルフィールド」
2016/10/25(火)〜10/30(日)
11:00〜19:00(最終日は18:00まで)

*クロージングパーティー 10月30日(日) 11:00〜18:00


陶芸家のDAISAK、
アーティストの早川モトヒロ、
フィギュア造形師でありプロレスマスク職人でもある安居智博による
グループ展「バトルフィールド」を開催致します。

3人の作品は、
ドローイング、フィギュア、マスク、陶芸と表現方法が異なるものの、
ヒーロー、怪人、宇宙人、人造人間、ゾンビ、プロレスラーなど
共通して「ファイター」が登場します。

特撮やテレビゲームなどの男児文化を想起させ、
思わず少年時代に引っ張り戻されるような世界を展開致します。






「DAISAKシルクスクリーンプリントワークショップ」

DAISAK_silk_workshop.jpg

10/29(土)・10/30(日)は、
DAISAKによるシルクスクリーンプリントワークショップを行います。
「バトルフィールド」の為に書き下ろしたイラストを
その場でプリント致します。

Tシャツ(ホワイト・ネイビー・ライトグレー・ブラック、
各色サイズS・M・L)をご用意しております。

数量限定ですので、ご予約優先の先着順とさせて頂きます。
※ボディの持ち込みは可能ですが、プリントに適さない物
(でこぼこしているものや滑面のコーティングがしてあるもの等)は
プリントが出来ませんのでご了承ください。

●10/29(土) 11:00〜19:00
●10/30(日) 11:00〜18:00

1プリント ¥2,500
Tシャツ ¥1,000
(ホワイト・ネイビー・ライトグレー・ブラック、各色サイズS・M・L)


※ご予約は、以下メールアドレスに
「お名前、電話番号、参加人数、Tシャツサイズ、カラー、個数」をご連絡ください。

tteeppeenn@gmail.com




「安居智博によるカミロボ制作実演」

yasui_1030jituen.jpg
(C)Tomohiro Yasui / butterfly・stroke inc.

安居 智博が制作し続けている「カミロボ」。
「カミロボ」とは、紙で作られた身長15cm~20cm程度のロボットファイター。
肩・股・肘・膝・手首・足首に関節を備え、様々な動きを自在に操ることができる。
どのように作られているのか、本展最終日の30日に制作実演を行います。

●30日(日) 15:00〜16:00 入場無料






p_DAISAK.jpg

DAISAK / ダイサク
陶芸家。1986年京都生まれ。京都精華大学大学院修了。
地球にはOLDな物からNEWな物まで、様々な物や情報が溢れている。
それらを参考に陶芸やイラストを用いてNEWOLDな物を制作している。
ANAGRAでの個展「EXTRA YA.TSU.HA.SHI.」
ビームスカルチャートでのグループ展「薮から棒」など、
展覧会を中心に活動中。

http://daisak-ceramic.tumblr.com/



p_hayakawamotohiro.jpg

早川モトヒロ / Motohiro Hayakawa
1974年山口県生まれ。山口芸術短期大学卒業。
2000年東京を拠点にイラストレーターとして活動をスタート。
近年は展覧会やライブペイティングなど
アーティストとして国内外を問わず活躍中。
特にフランス、スペインなどでは高い評価を得ていて
個展は固より画集が刊行するなど海外からの期待も高い。

http://instagram.com/moto583motohiro



p_yasuitomohiro.jpg

安居 智博 / Tomohiro Yasui
カミロボ作家。造形師。プロレスマスク職人。
2006年イギリス・ロンドンICAにて展覧会を行う。
2008年ニューヨーク近代美術館MoMA storeにてカミロボフィギュア販売。
2008年高校教科書「高校美術2」掲載。
2011年メキシコ国立自治大学付属チョッポ美術館にて展覧会を行う。
2016年@btfにて「MAX MASK MAN」展を行う。

www.kami-robo.com
www.yasui-ko-bo.com



Exhibition