加納成浩 銅版画展「Nothing Really Blue」

dm_kanou_PastedGraphic.jpg


加納成浩 銅版画展「Nothing Really Blue」
2017/11/21(火)~11/26(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)


神話のなかの、ものがたり。
現実にはいない、いきもの。
異世界への、入りぐち。
役に立たない、記憶。

そんなものたちを描いています。



p_kanou_PastedGraphic.jpg

加納成浩 /Shigehiro Kano

滋賀県彦根市出身
仕事では広告のグラフィックデザイナー・
イラストレータとしてフルデジタルにて制作。
その反動からか、2015年から銅版画を始める。
600年前から変わらない、フルアナログの魅力を模索中。

JCA展入選/日本グラフィック展入選/大学版画展出品/版画協会展入選



くまださよこ個展「てんこもーる」

dm_kumadasayoko.jpg


くまださよこ個展「てんこもーる」
2017/11/28(火)~12/3(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)


長い間、テーマにしている
家畜、動物キャラクターたちがパワフルに働く
ちょっとおかしな日常ファンタジー。
2010年「てんこもり」、
2014年「てんこのりもの」
に続く「てんこもーる」。
イラストとジオラマ作品、仕事で制作した立体作品を展示します。



p_kumadasayoko.jpg

くまださよこ / Sayoko Kumada

イラストレーター、立体作家
主に広告、出版物の表紙、店舗の看板、壁画、ロゴ、キャラクター等、幅広く活動中。
数年ごとに個展を開催。

2003年〜現在 旅行誌「歩く〜」シリーズの表紙立体
2011年〜2016年 東武動物公園「ハートフルランド」エリアの開発、キャラクターデザイン制作に携わる。
2016年 第5回「浜松ジオラマグランプリ」 審査員「吉岡和哉 賞」受賞
2017年 第6回「浜松ジオラマグランプリ」 ファインモールド賞 受賞

HP『くまくま茶館』
http://kumakumacha.moritake.biz/


藤原 徹司(テッポー・デジャイン。)/『上から目線』〜3.2冊の絵本原画展

dm_ teppodejine2017.jpg


藤原 徹司(テッポー・デジャイン。)/『上から目線』 〜3.2冊の絵本原画展
2017/12/5(火)〜 12/10(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)

*レセプションパーティー 12月5日(火)18:00〜


絵本『こうじょうたんけん たべもの編』『こうじょうたんけん たべもの編2』
そして新作『東京まちがいさがし』の 3タイトルの原画・次回作の一部原画を先行展示。
すべての作品に共通しているのが「俯瞰」即ち【上から目線】。
絵本の販売はもちろん、グッズなども取り揃えて、
アングルは「上から」、しかし志は謙虚にお待ちしております。


■スペシャルトーク: 12月8日(金)18:00 〜
長谷川朗 氏(ヴィレッジヴァンガード下北沢店)を迎え、
書店員目線での所感・製作秘話などを紹介。



p_teppoidesign.jpg

藤原徹司(テッポー・デジャイン。)/ Tetsuji Fujihara(teppodejine.) 

1976年生。埼玉県蕨市出身。桑沢デザイン研究所卒。
「コッテリ水彩」と称し、サインペンの線画を軸にマンガでもリアルでもない世界観を表現。
雑誌や装画など、近年は絵本と、主に紙媒体の分野で活動。

レトログッズや動物、細かい描き込み、俯瞰などの空間的アングルを得意とする。
全イラストを担当した「ことば絵本 明日のカルタ」(倉本美津留・著)は、8万部超の大ヒット。
著書に『こうじょう たんけん たべもの編』(日本図書館協会選定書/WAVE出版・刊)
『東京まちがいさがし』(2017年9月出版。金の星社・刊)。現在新作も製作中。

第1回 東京装画賞「銀の本賞」
ワルシャワ国際ポスタービエンナーレ 2014「入選」



Exhibition