CHART project ® EXHIBITION in TOKYO

dm_181026-charttokyodm-RGB-02.jpg

CHART project ® EXHIBITION in TOKYO

2018年11月13日(火)〜11月18日(日)
11:00~19:00(最終日15:00まで)


本展覧会は、10月の大阪に続きプロジェクト2回目となる展覧会です。
CHART作品がプリントされた生地を元に作成したバッグ、
森に展示した作品や作家と現地を訪れて制作した作品、
初展示となる最新の作品を展示します。
CHART project ®の世界観を是非体感してください。

※展覧会の詳細は順次発表します。




"CHART project ®"とは
社会課題データをアートに変えるCHART project ®は、
社会課題を表すデータのグラフの線を活かし、
その課題が解決されたイメージとして
アート作品に生まれ変わらせるプロジェクトです。

社会課題の事実やデータを、「勉強」としてではなく、
アートとして身近に感じてもらい、
一人でも多くの人が自分の課題として社会課題をとらえ、
その解決のためのアイディアを創造してほしい、
CHART project ®はそんな思いから生まれました。



出展作家:
aurinco、ウチダゴウ、かわさきしゅんいち、川添むつみ
熊木まり子、藏本優、さわのめぐみ、たかはしのぞみ
引野裕詞、藤井賢二、藤田愛佳、藤田雅臣

主催:ひとしずく株式会社 (https://hitoshizuku.co.jp/
協力:tegusu Inc.(https://tegusu.com/


【オープニングパーティー】
日時:11月13日(火)18時〜20時 ※当日参加OK
入場料:2000円
簡単なフードとドリンクをご用意します!
詳細はFacebook等にUP致しますのでご確認ください。

【ギャラリートーク】
日時:11月17日(土)13時〜14時 ※要事前予約
出演作家:さわのめぐみさん
ゲスト:後日発表
モデレーター:こくぼひろし(ひとしずく株式会社)


DARK ROOM PHOTO SESSION #3

dm_2018darkroom_omote_s.jpg

DARK ROOM PHOTO SESSION #3

2018年11月20日(火)〜11月25日(日)
11:00~19:00(最終日16:00まで)


【フォトセッション】

■参加費: ¥4,000 (撮影費・六つ切プリント代含む)
 撮影時間は15〜20分ほどの予定です。
 ご希望の日時を下記メールまでお知らせください。
■ご予約: 2018photosession@gmail.com(おおこそ)


1年ぶりのタンバリンギャラリーでの
ダークルーム・フォトセッション。

今回は"大庭園 "を拠点に
庭を造景する内藤香織さんが選ぶ
植物や彼女の様々な造形物と共に撮影します。
大庭園は、ナーセリーであり果樹・菜園であり、
表現の場としての庭。
視点を変えて見たりあれこれ纏ってみたり
面白い撮影になりそうです。
スペースがあまり広くないことと、
セッションをより愉しむために
できればお一人もしくは
大事な方とご参加くださいませ。

大社優子


plants:内藤香織 (大庭園 https://obaen.jimdo.com/)
styling:野澤昌平
studio design&constructon:渋谷大輔 studio syncroll (s-syncroll.com)
spcial thanks:川口 豊(大庭園)




p_ookoso2016.jpg

大社 優子 / Yuko Okoso

写真家。横浜生まれ。鎌倉在住。
森日出夫氏に師事したのち、独立。
国内外で展覧会を開く。
DARK ROOM PHOTO SESSIONは2015からスタート。
毎回テーマを変えてイメージした空間での独特なフォトセッションです。

 (スマートフォンで動作悪いようです、お手数ですがパソコンでご覧ください。)

DARK ROOM PHOTO SESSION #1のアーカイヴ


テクテクとこえていく

dm_tekuteku_DM2.jpg

テクテクとこえていく

2018年11月27日(火)〜12月2日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)


表現を続けていくことって
終わりがなくいつまでも続いていきます。
だからこそ、
いつまでも自分のペースで
歩き続けていくことができるのであれば
それはとても素敵なことなのだと思います。
この道を真っ直ぐ歩み続けている、
そんな4人の作家が集まりました。



p_kumano.jpg

くまのひでのぶ / Hidenobu Kumano

1984年、兵庫県生まれ。
暮らしに寄り添う絵を心がけて制作。
個展を中心に全国で活動中。
木の板にアクリル絵の具を直接塗り重ね、
引っ掻き削って描く。
第3回星乃珈琲店絵画コンテスト 優秀賞
第22回越後湯沢全国童画展 奨励賞



p_fujimura.jpg

藤村亮太 / Ryota Fujimura

1981年、東京都出身。
いけばな草月流 草月会館造形教室助手を経て
陶芸家 小川待子のアシスタントに就く
2018年2月 はいいろオオカミ+花屋西別府商店にて初個展
「器はすでに余っている」をキーワードに
不要陶器や排土などの廃材を素材に見立て、
焼き直しによる手法で制作する。



p_mississippi.jpg

mississippi / ミシシッピ

京都在住。画家/コミック作家。
国内外の展示やブックフェアに参加しながら、
キャンバス作品やコミックのzineを発表している。
あかね書房より絵本「パーちゃんのパーカ」が発売中。



p_yamada.jpg

山田心平 / Shimpei Yamada

1980年、東京生まれ。
高校生の時より浮世絵に傾倒し
ほぼ独学で伝統木版画の技術を用いる。
木版画表現の限定的な制限を超えようと
日々考え、制作しています。




MARIA KUBOTA EXHIBITION「Rooms」

dm_rooms_DMomote.jpg

dm_rooms_DMura.jpg

MARIA KUBOTA EXHIBITION「Rooms」

2018年12月4日(火)〜12月9日(日)
11:00~19:00(最終日18:00まで)


小さい頃から自分の部屋に憧れていました。
そして、今年から始めた一人暮らし。

やっと手にした小さな空間は、たくさんの感情と妄想によって、
大きく、大きく、ふくれあがっていきます。

そんな私の想像と現実が入り混じった、
部屋にまつわるいくつかのこと。

欲しがったから、見つけたものと、
欲しがったから、なくしたもの。

めまぐるしい生活の中で、日々変化する気持ちとリンクする。
部屋は自分自身の投影なのかもしれません。



p_kubota.jpg

久保田 球愛 / MARIA KUBOTA

1991年5月21日 東京生まれ。
日本大学藝術学部 美術学科 版画専攻 卒

2016年2月 池袋STARBUCKS COFFEEにて企画展示
2016年6月 銀座 櫟画廊にて3人展「エントロピー」


Exhibition